横向きで寝ると肩が痛い人はこんな枕を使ってみよう

睡眠をしっかりとることは健康維持には欠かせないことですが、横になることで体の不調を感じている人も少なくありません。
寝る姿勢は人それぞれ違いがありますが、横向きで寝ると肩が痛いと悩む人も少なくありません。
こうなると夜中に何度も目が覚めてしまうなどで快適な睡眠が得られにくくなり、疲れが取れないなどの問題も出てしまいます。
横向きで寝ると痛みがある場合は仰向けに寝てみるという方法もありますが、睡眠時無呼吸症候群がある人や、妊娠中の方などはやはり横向きのほうが寝やすい傾向にあります。
横向き寝で肩が痛いという場合はその原因についてもよく考えておく必要があります。

まず、考えられるのは寝具があっていないということです。特に枕は大切な役割を果たしていますので、合わないと感じている場合は一度見直してみてはいかがでしょうか。
枕は長方形タイプのものが多いですが、横向き寝を行うのであれば専用の枕を選ぶことがおすすめです。
一般的な枕の場合は仰向けに寝ることを想定して作られていますので、横になると低くなってしまい、自重で肩も圧迫されやすくなります。

まず、横向きで寝ていて肩が痛い場合は、現在の枕の高さが低すぎる可能性もありますので、ある程度高さもある枕に変えてみることもおすすめです。
枕の中には高さを好みで調整できるものもありますので、なかなか好みに合う高さのものが見つからないという場合はそうした商品を選んでみてはいかがでしょうか。
サイズについても、楽に寝返りが打てるタイプを選んでおくのも良いですし、頭から肩の隙間を埋められる形状のものであれば首への負担もより抑えることができます。
枕も実に豊富に種類がありますので、それぞれの悩みに合うものを選んでいきましょう。